ねかつちう。

お金や節約に敏感な20代30代のための物欲系雑記ブログ

話題のカップラーメンを手当たり次第に食べてみました Vol.5

シリーズ第5弾!なにかと話題の製品には目が無いちうぱんが、コンビニで買い漁ったカップラーメンを手当たり次第に食べてみたよ。世界に広がる日本の国民食の未来やいかに!?

セブンプレミアム 銘店紀行 博多だるま

セブンプレミアムによる有名店コラボ、「銘店紀行 博多だるま」が発売されました。

f:id:nekatsu:20180104073349j:plain

縦長の容器で外観はカジュアルですが、なかなかの気合いを感じました。

気合いの正体は、豚骨エキスの入った小袋。

この小袋の中身がですね。。

めっちゃ、臭っ!

くせえ!

臭いんですよ、本当に。

昔ながらの豚骨ラーメン店の、店内にただよう鼻が曲がるような臭いがします。

まったく大衆受けするはずのない悪臭なんですが、これをあえてカップラーメンで使おうとするあたり、セブンイレブンの本気を感じますね。

f:id:nekatsu:20180104073444j:plain

麺は極細で、調理時間は2分。トンコツの細麺はインスタントと相性がいいですね。

味わいとしては、セブンプレミアムのオリジナル商品「スープが決め手のとんこつ」を濃厚にしたような感じとなります。

7premium.jp

日清 神田まつや

日清が老舗そば屋「神田まつや」とのコラボで鶏南ばん蕎麦を発売です。

f:id:nekatsu:20180104071845j:plain

日清のカップ蕎麦は、インスタントゆえのボソボソとした食感が田舎そば風で、これはこれで個人的には好みです。

今回の「神田まつや」を食してみますと、最大の特長は具材の鶏肉ですね。

蓋を開けると大きくカットされた鶏肉が目に入ります。カップラーメンの具材としては最大級のサイズだと思います。こんなの見たことがありません。

f:id:nekatsu:20180104072151j:plain

しかも、この鶏肉、ただ大きいだけじゃないんですよね。炭火焼き風の香ばしさが絶妙で、しっかりと鶏肉の食感もあり、とにかく非常に美味です。

インスタント食材でこれだけ美味い鶏肉は初めて食べたと言っても過言ではありません。

ぜひとも鶏肉を味わって頂きたい一杯です。全体のバランスも良好です。

日清 一風堂 スパイシー海老豚骨

ご存知、博多豚骨ラーメンの名店「一風堂」とのコラボレーション。

f:id:nekatsu:20171216043928j:plain

自分は海老出汁特有の雑味のあるコクや風味が苦手なんですが、本製品は豚骨とのダブルスープなので、それほど海老臭さはありません。

これまで食べてきた海老系統のスープでは一番美味しいのではないかと思います。

f:id:nekatsu:20171216044101j:plain

そして、もう一つの特徴が麺。

麺は飲茶で食べるような大陸系拉麺の食感がよく出てて、商品名に「香港」と銘打っているだけある。個人的には大好きな麺であり、これだけで合格。

これはまじで気に入ったので、このあと3個ほど買い足しましたw

エースコック どみそ

エースコックによる味噌ラーメンの人気店「どみそ」とのコラボ商品です。

f:id:nekatsu:20180104072411j:plain

上蓋を開けるなり目に飛び込むのは、ぶっとい極太麺。調理時間はカップ麺の限界とも言える5分ですね。

小袋が1つ、中身は味噌ダレです。この味噌ダレ、濃厚なコクと程よい塩分のバランスが素晴らしい。スープに溶かしてもよし、麺に合えて食べてもよし。

やはり味噌は最強の調味料ですねえ。

所感として、スープはなかなか良いと思います。ただし、太さを追求したと思われる麺の食感がアウツ。なんとなく生煮えのようなボソボソ感があり、歯触りがよろしくないですね。

やはりカップラーメンで極太麺を再現するのは難しいのかなあ。あるいは、中身を取り出して鍋で調理すれば、もう少し食感が改善するかもしれません。

というわけで、今回は以上っ!