ねかつちう。

お金や節約に敏感な20代30代のための物欲系雑記ブログ

2019年版【これが最強】ヤフーショッピングでPayPayポイントを漏れなく荒稼ぎする方法(まとめ)

通販ユーザーに朗報です!ヤフーショッピングなら、誰でも無理なく20%近いポイントを獲得できます。しかも、コンビニなど実店舗でも使えるPayPayポイントで使い勝手も抜群!「ネット最安値=価格コム」だと誤解してる人は損してますよっ!カテゴリ内の商品が丸ごと現金値引きになる「日替わりクーポン」もお見逃し無く。

この記事では、筆者自身もヘビーユーザーである「ヤフーショッピング」でポイントを荒稼ぎする方法についてご紹介していきます。

以下で説明する「一定の条件」を満たした場合、かなりの確率でヤフーショッピングが最安値になるのです。驚異のポイント還元率により、Amazonや価格コム最安値より断然安い価格で買い物ができるので、是非ともお見逃し無く。

さらに大ニュース!

《2020年4月末まで》消費税10%への引き上げに伴い、国による「キャッシュレス・ポイント還元事業」が実施中です。ヤフーショッピングでは、中小規模のショップから購入した場合、5%のPayPayポイントが還元されます。

f:id:nekatsu:20191004064926p:plain

要するに、同じ商品でも、出品者(ショップ)により、5%のPayPay還元があるショップと対象外のショップがあるということです。商品検索画面で対象ショップを絞り込み検索が可能なので、ぜひともお見逃しなく!

f:id:nekatsu:20191004065823p:plain

なお、ヤフーショッピングのポイント制度が2019年4月から見直しとなり、キャンペーンによるポイント還元がTポイントからPayPayに変更となりました!

これまで各種キャンペーンで追加される「期間固定Tポイント」は、ヤフーショッピングやYahoo!公金支払などに用途が限られていたので、PayPayへの変更によりポイント使用可能な実店舗が大幅に広がります!

お忘れなく!

PayPayポイントの獲得には、Yahoo Japan IDとPayPayアカウントの紐付けが必要となりますので、まだお済みでない方は買い物前にお忘れなく!

iPhoneはこちらandroidはこちら

ヤフーショッピングが「圧倒的に最安」である理由

まずは「論より証拠」です。

ポイント還元を最大化する方法を説明する前に、Amazonや楽天など数あるネット通販の中で、ヤフーショッピングが「圧倒的に最安」である実例をお示しします。

通常は値引き対象外となるゲーム機本体ですら、まさかの「18.9%」還元!

ヤフーショッピングの強みは、通常は値引き対象外となる商品ですら、ポイントがザクザク貯まるという点です。具体的にはApple製品やゲーム機本体でも、目を疑うほどポイントが貯まります。

例えば、こちらのアイテム。

任天堂のゲーム機本体は、通常は値引き販売を行いません。ヨドバシで購入してもポイント還元率は5%(809ポイント)に下がります。

この商品を自分がヤフーショッピングで購入した場合、3,059ポイントも還元されます。

ここは驚いていいところですよ(喜

なんと

還元率は驚異の18.9%です。

f:id:nekatsu:20170715100632p:plain

ヨドバシで購入すれば5%還元、Amazonなら8%引き程度のところ、ヤフーショッピングで購入すれば18.9%還元です。これは「ちょっとの違い」ではありませんよね。

断言しますが、ゲーム機本体を買うならヤフーショッピングが最安です。人気のニンテンドーSwitchも実質2万8千円で購入可能(下記参照)。

もちろんゲーム機だけではありません。ヤフーショッピングはポイント制度が分厚いので、値引率の低い商品こそ他店比較で最安になるのが特長です!

前置きが長くなりましたが、ここからはポイント還元を最大化する方法を説明します。

ヤフーショッピングでポイント還元を最大化させる方法

ここからは、ヤフーショッピングのポイント還元の仕組みを説明しますよ。

ヤフーショッピングはポイントアップの条件が「ゆるい」。

ヤフーショッピングは「一定の条件」を満たすことでポイント倍率が上がります。楽天市場にも同じようなシステムがありますが、ポイントの「貯まりやすさ」が全く違います。

ここが問題でした

楽天市場の場合、ポイント30倍とか40倍とか書かれていても、MVNOスマホの加入とか、スポンサー商品限定とか、99%の人には無理ゲーな条件をクリアする必要があります。恒例の「買い回りセール」なんかも、不要品ばかり買わされている気がしませんか?

一方で、ヤフーショッピングのポイント制度の特長は、ポイントアップ条件の「ゆるさ」です。以下の条件を満たすことにより、かなり多くの人が、最高倍率に近いポイント還元を受けることができますよ。

条件1)ソフバン・ワイモバ契約(+9倍)

ヤフーショッピングの場合、3大キャリアであるソフトバンク契約者というだけでポイント10倍、ワイモバイル契約者なら5倍です。これは条件ゆるすぎますね。

f:id:nekatsu:20190728064302p:plain

ソフバンは10倍、ワイモバは5倍です。

そう書くとワイモバ契約者は涙目ですが、悲しむ必要はありません。

ワイモバ契約者はEnjoyパック加入で更に+5倍となり、ソフバンの還元率に追いつきます。

Enjoyパックとは?

Enjoyパックはワイモバ契約者向けの有料サービス(月額500円)で、ヤフーショッピンで使える500円クーポンと、500円分の通信パケットが毎月貰えます。

Enjoyパックはヤフーショッピングの還元率を高める激得オプションなので、ワイモバ契約者には加入を強くオススメします(もちろん筆者も加入しています)。

f:id:nekatsu:20190728072310p:plain

Enjoyパックを詳しく

条件2)月3回の「5のつく日」に買い物(+4倍)

さらに、5のつく日(5日、15日、25日)にアプリで買い物するだけで+4倍です。

「5のつく日」に買い物するだけですから、ポイントアップの条件としてはユルユルですよね!しかも月に3回の日付固定なので、買い物の計画が立てやすいのも嬉しいところ。

f:id:nekatsu:20190728074449j:plain

ヤフーショッピングにも楽天市場と同じく「買い回りキャンペーン」がありますが、「5のつく日」のほうが絶対におトクです。

「5のつく日」を詳しく

条件3)5のつかない日は「21時以降」を待て(+4倍)

上記のとおり「5のつく日」に買い物するのがヤフーショッピングの基本ですが、「5のつかない日」にもチャンスがあります。

それが、21時から不定期で開催される「ハッピー2アワー」です。ハッピー2アワーの2時間は、5のつく日と同じく、ポイントが+4倍になるんです!

f:id:nekatsu:20181220212933g:plain

5日・15日・25日以外で買い物をする必要があるときは、とりあえず夜21時まで待つのがヤフーショッピング上級者です。

また、最近では同じくポイント+4倍の「ランチタイムクーポン」が不定期で配布されているので、お昼の時間帯もお見逃し無く。

条件4)Yahoo!プレミアム加入(+4倍)、Yahoo!BBプレミアム加入(+9倍)

Yahoo!プレミアムの利用者は+4倍になります。

こちら、Yahoo!プレミアムは月額462円の有料オプションですが、無意識のうちに加入している人も多いと思います。

例えば、ワイモバイル契約者は無料で利用できます。ワイモバ契約時に勝手に登録されているはずなので確認してみてください。

ちなみに、ヤフオクで出品したことのある人なら、おそらくYahoo!プレミアムに加入してると思います。ヤフープレミアムに加入しているかはYahoo!ウォレットで確認することができます。

さらに!

ヤフー!BBプレミアムの利用者は+9倍になります。

Yahoo!BBプレミアムは、SoftBank光、SoftBank Air、Yahoo!BB ADSLに付帯するオプションサービスで、契約回線により月額250円~800円の有料サービスとなります。

こちら、上記のYahoo!プレミアムとは別サービスですが、Yahoo!BBプレミアムに加入するとYahoo!プレミアムの特典も受けられます。したがって、Yahoo!BBプレミアムに加入すると、ポイント還元率はYahoo!プレミアム特典と合わせて+13%となります。

f:id:nekatsu:20191113051759p:plain

自宅の光回線がSoftBank光の方は、ぜひ加入をオススメします。Yahoo!ショッピングを利用していれば余裕で会費の元は取れますし、雑誌・マンガ読み放題サービスなども料金に含まれているのでオトクです。

SoftBank光SoftBank Air

条件5)ヤフーカードで支払い

さらにさらに、年会費無料のヤフーカードで支払えば+2倍となります。

カードを発行するだけなので追加出費はありません。一度カードを発行してしまえば、ずーっと2倍還元になりますよ。

おまけに、ヤフーカードへの新規加入で10,000ポイント貰えます。Tポイントカードとしても機能するので、必携の1枚だと思います(もちろん自分も持ってます)。

f:id:nekatsu:20190803074436j:plain

条件6)ショップ独自ポイント

また、ショップによっては独自のポイントアップがあります。

ショップ独自のポイントが加算されると、ポイント倍率が「暴走モード」に突入しますから注目してください (゚∀゚)キタコレ!!

例えば、下記の大手家電量販店は、いつでも全品ポイント5倍です。品揃えも充実しているので、多くの家電製品がネット最安値で手に入ります。

また、メーカー直営や中小のショップではポイント10倍も珍しくありません。

例えば、自分が購入した「WacomのCintiq Pro 16」という商品。Wacomストアのショップポイントは10倍なので、定価181,440円の下記商品には30,954ポイントが還元されます

実質的にAmazon価格を1万円以上も下回り、もちろん価格コム最安値(記事執筆時点で167,500円)より全然安いですよ。

条件7)割引クーポンを利用する(大切)

さらに忘れてはならないのが、期間限定の「割引クーポン」です。

上で書いた「5のつく日」以外でも、それ以上にお買い得な割引クーポンが頻繁に配布されています。

一例として、よく配布されているのが「購入金額○万円以下クーポン」で、こちらのクーポンは嬉しい現金値引きとなります。「5のつく日」よりも還元率が高いうえ、ポイントではなく現金値引きとなる点が特長です。

f:id:nekatsu:20181114061409p:plain

さらに、品目別の日替わりクーポンが毎日配布されていて、こちらも嬉しい現金値引き。

例えば書籍やドリンク類などが一律20%オフになります。もちろん、これとは別に通常ポイントや「5のつく日」ポイントが適用されるので、日替わりクーポンは毎日チェックしましょう。

f:id:nekatsu:20190417034931j:plain

本日の日替わりクーポン

ポイント制度変更点まとめ(2019年8月1日以降)

2019年8月1日より、ヤフーショッピングのポイント制度が変わりました。

しかも

利用者に有利な変更です(嬉

個人的にちょっぴり不満だった部分が、今回の制度変更によりほぼ解消されています。

制度変更のポイントは、つぎの3点となります。

  1. PayPayボーナスライトで還元
  2. 使えるお店が大幅に増加
  3. 使用期限の延長

なお、ポイント付与の前提として、Yahoo JAPAN IDとPayPayアカウントの紐付けが必須となります。まだお済みでない方はお早めにご対応ください。

iPhoneはこちらandroidはこちら

それでは以下、変更点を詳しく確認してまいります。

変更1)「期間固定Tポイント」から「PayPayボーナスライト」に変更

これまで、ヤフーショッピングの各種キャンペーンで還元されるポイントは、「期間固定Tポイント」という、使い方に制限のあるポイントでした。

ここが問題でした

期間固定Tポイントは、ヤフーショッピングやLOHACOなどでの使用に限られ、(通常のTポイントとは異なり)実店舗では使えないという問題点があったのです。

f:id:nekatsu:20190803083551p:plain

だがしかし!

だがしかし、だがしかし、だがしかし!

2019年8月1日より・・・

f:id:nekatsu:20190803084336p:plain

ちなみに、ここは非常に分かりづらい点ですが、全てのポイントがPayPayボーナスライトで還元されるわけではありません。

PayPayボーナスライトに変更となるのは「期間固定Tポイント」だけで、通常Tポイントでの還元分は、従来どおり通常Tポイントで還元されます。

f:id:nekatsu:20190803092904p:plain

あと、はっきりとは書かれていないんですが、ヤフーカードの使用ポイント(購入額の2%)のうち、1%分はTポイントで、もう1%はPayPayボーナスライトで還元されるようです。

変更2)使えるお店が大幅に増加!実店舗でも使えます

さらに、期間固定TポイントからPayPayボーナスライトに変更になったことで、ポイントを使えるお店が大幅に増えました!

PayPayボーナスライトは、PayPay加盟店ならネットでも実店舗でも使えます。ヤフーグループ内でしか使えなかった期間固定Tポイントとの大きな違いです。

実店舗でも使える!

f:id:nekatsu:20190803093758p:plain

ちなみに、期間固定Tポイントの使い道については、「ヤフー公金支払い」経由でふるさと納税に充当するという裏技もあります(ポイントを現金と等価交換できる非常にお得な使い方です)。下記ページに詳細をまとめているのでご参考まで。

なお、ヤフー公金支払いは、現時点でPayPay決済には対応していません。 

変更3)使用期限が60日間に延長

あと、これも地味に嬉しいんですが、ポイントの使用期限が延びました。

ほぼ2倍!

  • 期間固定Tポイント:31日
  • PayPayボーナスライト:60日

かつては(2018年8月までは)、期間固定Tポイントの使用期限は2週間+α(正確には2週間経過後の日曜日まで)でしたから、ずいぶん使用期限が延びたものです。

使用期限に余裕ができたため、ポイントを大量に獲得しても、慌てて使い切る必要がなくなったのは嬉しいですね。

「5のつく日」制度変更(2019年9月5日)

さらに、2019年9月5日の「5のつく日」から、プラス4%部分の付与条件が変わります。

変更前 会員ログイン(2%)+スマホ購入(2%)+基本ポイント(1%)

変更後 PayPay残高またはヤフーカードで購入(4%)+基本ポイント(1%)

ヤフーショッピングのポイント愛好者ならヤフーカードは当然お持ちのはず。とくにポイント付与の条件が厳しくなったわけではないのでご安心ください。

PayPayモールとヤフーショッピングの違い(2019年10月)

2019年10月に、ヤフーが運営する新たなオンライン通販として、「PayPayモール」が開設されました。

紛らわしい!

そして、「PayPayモール」はヤフーショッピングと完全に別事業というわけでもなく、PayPayモールの商品はヤフーショッピングでも購入できますし、ポイント制度の多くはヤフーショッピングと共通です。非常に紛らわしいですね。

PayPayモールの付加価値は「安心」

PayPayモールとヤフーショッピングの違いを一言にまとめると、PayPayモールの最大のウリは「安心」なネット通販だということです。

出店ストアは、ヤフーショッピングで実績のあるショップに厳選

安心材料その1は、出店ストアを絞り込んでいることです。

ご存知のとおり、ヤフーショッピングや楽天は、基本的に誰もが出店できるため、中には評判の悪いショップも紛れ込んでいます。

一方、PayPayモールに出店できるのは、大手量販店やヤフーショッピングで実績のあるショップに限られているため、「PayPayモールには悪質なショップはいない」ということになります。

信頼できるショップのみ!

f:id:nekatsu:20191026064321p:plain

購入から14日間まで返品が可能

安心材料その2は、購入から14日間まで返品が可能という点です。

ヤフーショッピングでは購入者都合による返品は一切受け付けないショップも多いですが、PayPayモールでは一律で14日間は返品が可能となっています。

ただし、この制度は基本的に衣料品のサイズ違いを想定したものと思われ、衣料品以外で返品可能な商品はほとんどありません。なので、「書籍を購入して読んだら返品」のような身勝手な返品はできません。詳細は下記リンクを参照のこと。

ポイント還元率は基本的にヤフーショッピングのほうが良い(重要)

そして重要なのがポイント還元制度ですよね。PayPayモールのポイント還元は、下表のとおり多くがヤフーショッピングと共通です。

f:id:nekatsu:20191026064448p:plain

PayPayモールは対象外!

ただし、以下のポイント還元および現金値引きキャンペーン等は適用されません。「5のつく日」や不定期クーポンが使えないのは痛いですね。

  1. Yahoo!JAPANカード(+1%)
  2. 5のつく日キャンペーン(+4%)
  3. 不定期開催のキャンペーン

結局のところ、PayPayモールを新設したヤフーの狙いは、「安心」という付加価値をつける代わりに、既存のヤフーショッピングより利益率を上げたい、ということです。

(終了)11月11日は「いい買い物の日」

ポイント荒稼ぎの方法をお伝えする前に、ビッグキャンペーンのご案内から。

ヤフーショッピングでは、毎月11日と22日に「ゾロ目の日」キャンペーンが実施されますが、11月は1111日の1並びにちなんで、「いい買い物の日」セールが開催されます。

20倍還元は当たり前!

Amazonのプライムデーに相当する大イベントだと思ってください。「いい買い物の日」は最もポイントが貯まるキャンペーンの一つなので絶対にお見逃し無く!ソフバン・ワイモバ契約者なら20倍還元とか当たり前ですからね!

開催期間は11/5から11/11までの7日間。

中でも狙い目は「5のつく日」の11月5日と、イベント最終日の11月11日!さらに、ピンポイントで超絶還元をゲットできる日替わりセールも実施されるため、セール期間中は毎日目が離せません!

f:id:nekatsu:20191026125722j:plain

ちなみに、詳細は当日になるまで分かりませんが、やはりセールの目玉は家電量販店ですね。コジマ、ケーズデンキ、ジョーシン、ひかりTVショッピングなどが10~14%ポイントアップの常連です。家電製品は単価が高いので、ヤフーショッピングで買うべき商品の代表格です。

「いい買い物の日」の詳細はこちら