ねかつちう。

お金や節約に敏感な20代30代のための物欲系雑記ブログ

【ついに】Wacom Cintiq Pro 24/32 が CES2018で公開されたゾ!

こんにちは、ちうぱんです。

世界中のイラストレーター待望のWacom Cintiq Pro 24/32が、ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市「CES2018」でベールを脱ぎましたよ!

Wacom Cintiq Pro 24/32とは?

Cintiq Pro24/32をご存知無い方のために簡単に説明しておくと、ペンタブレット業界最大手のWacom(埼玉にある日本の会社、社名の由来は「ワールド・和 + コンピューター」)が開発中の液晶ペンタブレットです。

Wacomは2016年秋冬に液晶ペンタブレットの現行モデル(Cintiq Pro 13/16 注:数字は画面サイズ)を発売しており、こちらも非常に高い評価を得ています。

その後、2017年7月11日に突如、Cintiq Proの上位版として24インチ及び32インチの新製品を、2018年初頭に発売することを発表しました。

Wacomの公式サイトによれば、価格は24インチが24万円、32インチが36万円になると予定されており、決して安くはない金額ですが、10年前まで2K液晶テレビが1インチ1万円で売られていたことを踏まえると、妥当な価格設定ではないかなと思います。

CES2018でついにCintiq Pro 24/32が公開されたゾ!

上記のとおり、Cintiq Pro 24/32については、2017年7月に発売予告がなされましたが、「メールアドレスを登録してくださるユーザーの皆様には詳しい情報をお届けします」としながら、まったく新しい情報が伝わってきませんでした。

もちろん自分もメールアドレスを登録していましたが、その後、1通のメールも届いていません。2017年12月になっても情報がアップデートされないため、Twitter上には「本当に2018年初頭に発売なの?」、「最新情報くれー!」というメッセージが世界中の言語で書き込まれていました。

この流れでのCES2018です。まさに突然の公開。まだWacomの公式サイトにもアップされてませんが、海外報道でデカデカと実機が掲載されています。

www.theverge.com

いやあ、まさかでしたね。ラスベガスで毎年1月に開催されるCES(Consumer Electoronics Show)は、ソニーをはじめとする世界中の電子機器メーカーが、新しい年に発売予定の商品をお披露目する場として有名ですが、まさかCESでCintiq Pro 24/32が出展されるとは思いませんでした。

ってゆーか、そのくらいの情報は流してくれよと言いたい!ティザーとかでもいいからさ!何のためのメアド登録だったのか意味が分かりません。

Cintiq pro 24/32の発売情報など

ちなみに、上記リンク先のサイトによれば、Cintiq Pro 24は2018年2月発売、Cintiq Pro 32は2018年春発売とのことです。ちなみに、WacomはCintiq Pro 13/16発売時にも何の説明も無く発売予告を遅延させているので、あくまで目安と考えたほうが無難です。

また、価格はCintiq Pro 24が2000米ドル、Cintiq Pro 32が3300米ドルになるとのこと。直近の為替相場を踏まえると、32インチ版の国内価格は予告されていた36万円を少しオーバーするかもしれませんね。

さらに記事では、現行製品である13インチ、16インチ版の価格改定(値下げ)も期待したいと綴られています。WacomはCintiq Pro 13/16の発売にあわせて旧製品の価格改定を実施しているので、これは十分にありえる話です。

そして、もう1点気になることとして、Twitterで公開されているCES2018の展示画像をよく見てみると、Cintiq Pro本体にケーブルが1本しか接続されていない?ということ。

現行製品のCintiq 13/16は、電源供給とパソコンからの映像出力のため、2本のUSB Type-Cケーブルが必要でした。USB Type-Cは電源供給(Power Delivery)が可能な規格なので、これはスマートではないと不評でしたね。

4K解像度の24インチ画面ともなると必要なワット数も上がると思われるので、もしかすると背面でACアダプタにつながれているのかもしれませんが、もしもパソコンとケーブル1本で動作可能ならホントすごいなと思います。

というわけで、Wacomファンとして続報を待ちたいと思います。以上っ!